簿記の理解〜3.合計残高試算表への転記

一般記事

決算作業の一部として、仕訳の記帳及び総勘定元帳への転記が正しいかを確認するために、合計残高試算表を作成します(下記の③の部分で照合します) 。

試算表は省略してT/B(Trial Balance)と呼ばれる事がよくあります。

合計残高試算表の各項目

  • 「借方(貸方)合計」は総勘定元帳の借方(貸方)の合計金額
  • 「借方(貸方)残高」は借方残高と貸方残高の差分

合計残高試算表作成の手順

勘定科目ごとに下記の作業を行います。

①総勘定元帳の借方金額の合計を合計残高試算表の借方合計へ転記する。(貸方も同様)

②総勘定元帳の残高を借方(貸方)残高へ転記する。

(②’もしくは合計残高試算表上で借方合計と貸方合計の差分を転記する。)

③下記の残高合計が一致していることを確認する。

  • 「借方合計」の合計(AAA)と「貸方残高」の合計
  • (AAA)「借方残高」の合計(BBB)と「貸方残高」の合計(BBB)

→一致しない場合、仕訳の記帳ミスもしくは総勘定元帳の転記が漏れている可能性があるため、原票に戻って確認する必要があります。

また、合計残高試算表の一部だけをピックアップして下記の書類を作成することもあります。

  • 「貸方合計」・「借方合計」部分のみをピックアップして「合計試算表」
  • 「借方残高」・「貸方残高」部分のみをピックアップして「残高試算表」

決算整理仕訳はこちらから

決算整理仕訳と合計残高試算表から精算表の作成はこちらから

仕訳から決算書作成までの流れはこちらから

(mofuu編集部)