機関誌Works(ワークス)の雑誌購読料の仕訳

例)機関誌Works(ワークス)の6ヶ月購読プラン(3冊)を申し込み2,100円をクレジットカードで支払った。

仕訳例

(仕訳)
借方 借方金額 貸方 貸方金額
新聞図書費 2,100 未払金 2,100

機関誌Works(ワークス)の雑誌購読料の仕訳は販管費として計上します。勘定科目としては「新聞図書費」や「消耗品費」、用途によっては「研究開発費」等も考えられます。

また、月次決算等で経過勘定を用いる場合は、前払費用を用いて費用配分します。

(使用する勘定科目については特定の名称を使う必要がある基準はないため、会社で使用する勘定科目名を決め、継続的にその科目名で仕訳を切る必要があります)。

また原価部門で利用する場合は売上原価に参入することが適切な場合もあります。

当サイト記載している情報に関しては、その内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではございません。
ウェブサイトの性質上、多様な訪問者様がおられますので、サイトの記述は一般的・普遍なものとなっており、個別具体的な事案について必ずしも当てはまるものではありません。個別具体的な処理に関しましては、ご担当の税理士・会計士や税務署等にご確認ください。
当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方は一切の責任を負いかねます。当サイトの情報に関しましては恐れ入りますがご自身の責任でご利用ください